FC2ブログ


Ken's Caf'e

気ままにAdaltyなことを綴りたくて……
 恍惚の時
 2008年05月14日 (水) 02:21:20

すべては
終わった……。

さっきまでの獣のような交わりあいが
まるで嘘だったかのように
今は静寂だけが
部屋を支配してる。

なんともいえない
けだるい虚脱感……

カラダは痺れさえ
なくなって
もはや麻痺したように
感覚を失っている

女の匂い
男の匂い
乾いた汗の匂い
乱れたままの彼女の襞と
乾きはじめた淫毛とお腹の上の精液の匂い

なんともいえない
すえた情交の香りだけが
自分が確かに此処にいて
生きてるのだと
存在を確認させているようだ。

ほどなくして
かすかに聞こえてきた。

シャワーの音。
聞き馴れた音。
ああ…
唯一これはまぎれも無く現実だのだ。
そう彼女は思ってた。

彼にしがみつきながら
たしかに彼女は言った。
めちゃめちゃにして…と

そして彼女はたしかに
めちゃめちゃにされて
心もカラダも心地よい
木っ端微塵状態になっている。

たぶん
彼が戻り
彼女を再び抱きしめて
優しく唇を重ねるまで
彼女は木っ端微塵のままに違い無い。

それだけ
ふたりは
激しかった…ということなのだろう。

kcf080514-1k.jpg
スポンサーサイト
[PR]


Sexy Angle | TB : 0 | CM : 3 | 

 COMMENT

  Title...脱力  b y rino
きっと、その中に
全ての事実が含まれていて
そして、その脱力もすぐに活力になって

男と女は不思議ですね^^

Kenさん^^
実は、お知らせに参りました

ポッチャ可愛いblogを閉じさせて頂きます^^
どこかで、ひっそり^^
私には、そのほうが似合っているかもです^^
Kenさんの此処には
また、参ります^^

読み逃げもしちゃいますが
コメントも残させていただきます^^
お手数ですが
リンクを外してくださいますか?
お世話かけますが
((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス

     rino
2008.05.19 (12:16) * URL [EDIT]
  Title...秘密さん  b y Ken
ええ…まちがいありません。
僕もそうでしたから。
2008.05.21 (05:40) * URL [EDIT]
  Title...rinoさん  b y Ken
そうですか…
やっぱり…さみしいですね。
リンクしてるってだけで
繋がってるて気がするから
いつでも会えるという感じがありますが……
でも
rinoさんがきめたことですから^^
いつでもあそびにきてくださいね。
あ…リンクははずしておきますね。
さみしいけど^^
2008.05.21 (05:43) * URL [EDIT]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

  ♪ この記事のURL
   http://kenscafe.blog52.fc2.com/tb.php/845-7fa0fa0c


copyright © 2005 Ken's Caf'e. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi