FC2ブログ


Ken's Caf'e

気ままにAdaltyなことを綴りたくて……
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 妹という名の女
 2013年04月29日 (月) 04:01:54

午後の陽射しがガラス戸から差し込んで来た。
終わってからも
しばらく重なったままだった。
「重いぃ〜」という甘い声で我に返る。

罪悪感と快感とが同居する時間の中で
彼女と繋がったままの感触を
ずっと味わっていたかった。
「重いってばぁ」
「うん…」
僕は彼女からゆっくりカラダを離す。

僕が上体を離したと同時に
撓わな乳房が飛び出した。

いままではセーラー服とかブラウスとか
衣類を纏った状態の
ふくらんだ胸しか見た事が無かったけれど
まさか
こんなにも大人な胸だとはさっきまで知らなかった。

kcf130429imsx01.jpg

その
いつのまにか大人になった胸が
カラダを離した時にぷるん!ぷるん!って揺れた。
僕の恋人よりもカタチがよく
大きな乳房だった。
乳首もほどよい大きさでまさにピンクだった。

そして
想像以上に濃い陰毛に埋没してる自分のペニスをゆっくり抜いた。
黒い陰毛は半分に割れてピンクの襞から
すぐさま白い精液が溢れ出した。
僕はすぐさまティッシュの箱をとって陰毛にあてた。
彼女はそのまま白い指で股間を押さえて
脚を交互に動かして僕を見つめた。

ペニスは濡れたままだが
まさか彼女に舐めろとはいえない。
彼女は処女ではなかった。
むしろ何人か経験しているようなカラダだった。
それは挿入した時の反応でもわかった。

自分のペニスを拭いた。

それでも
しばらくは彼女はそのまま横たわってた。

さっきまで塀の向こうから様々な喧噪が聞こえてたくせに
まるで僕を責めるような静寂が部屋を支配してた。

泣くでもなく怒るでも無く
彼女は…ただ…ただ裸のまま横たわってた。
責めているのか?
まさか…

誘ってきたのは彼女のほうだ。
しかし
わかってるんだ
いくら誘われても応じてはいけないってことを

越えてはいけないボーダーラインだったのだから

快楽のあとで
僕は酷い罪悪感に苛まれてた。
夕方には戻るであろう両親の顔が浮かんだ。
仏壇の祖母の写真まで僕を責める気がした。

「風邪…ひくよ」
彼女に衣類を渡そうとする
「やだ……」
「え?」
彼女は妖しいしなをつくる
さっきまで少女だった筈の彼女は
妖しい女になってた。

「ねぇ…」
彼女は誘う
「え?だめだよ」
僕は…抵抗する

「もう一回…」
「え……」
僕は鑞梅する。

「だめだってば!さぁ!服着て!」
「いや!」
僕の顔から血の気が失せる
後悔が胸一杯に広がってた。
「もう一回して!」
「でも…」
僕はいつのまにか彼女に捕われてた
「してくんないと…パパとママに言っちゃうよ」
「え?」
「お兄ちゃんに犯された…って」
「おいおい……」
たぶん僕は泣きそうな顔になってた筈だ。
なんてこった…なんてこった…心の中で繰り返した。

kcf130429imsx2.jpg

「おにいちゃん…」
妖しい女が誘ってる
「ねぇ…おにいちゃん…」
彼女は僕の手をつかんで引いた
僕はふたたび
彼女の唇に…重ねた

そして
不覚にも勃起したペニスを握られ導かれながらも
彼女のワレメに挿入しながら
快感にウチ震えてた。

若い女のカラダは
未曾有の快感に溢れてた
僕のペニスに無数の襞が絡み付いて
僕を奈落の底へ引きずり込もうとしてる。

僕は彼女の股間に自分の腰を打ちつけながら
これからの人生を考えた

これから…どうなってくんだろう?
これから……

さっきまで静寂だったくせに
また喧噪に包まれて
僕らの営みはかき消されていった

僕は一生消えないであろう罪悪感を胸に
妹を抱いていた。

「おにいちゃん…ああ…おにいちゃん‥…」
魅惑の喘ぎが僕の耳元に囁く
僕は妹の名前を叫びながら
ふたたび
彼女の中に射精してた

どくん…どくん…どくん………
なんてこった…なんてこった…心の中で繰り返した。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

G-Black | TB : 0 | CM : 0 | 

 中に出さないで!
 2013年04月29日 (月) 02:58:50

「絶対中に出さないでね!」って彼女は言った。
中に出さないのが生で入れていい約束だった。
でも…たぶん
その約束は守れない。

だって
男の本能は
女性の中に生で出す事だから
子孫繁栄のDNAがしっかり組み込まれてるから
約束とか妊娠したらとか後先の心配とか以前に
奥で射精をしたがる生き物なのだから。

男はそこへ
その頂点に向かって
ただひたすら腰を動かす
パン!パン!パン!パン!パン!

そして
彼女の願いもむなしく
彼女の一番危険なゾーンに
めいっぱい
男の分身から
白濁が射精される

kcf130428ndnd.jpg

どくん!どくん!どくん!
「あっ!やだ…だめだめ!」
時すでに遅し
最後の一滴まで彼女の中に放出される

射精とともに
男は達成感と満足感を覚えるけれど
まるで幸福のあとを追いかける不幸のように
言いようも無い
罪悪感も男を襲ってくるのも事実

ごめん……
「……………」彼女は…放心したまま。
ごめん……
「ばか……」
終わった男は何処か惨めだ。
居住まいを正し彼女に瀬を向けパンツを穿く。

無情にも
彼女のワレメから白い白濁が
これでもかと彼を責めるように
溢れ出てくる。

男は…同じ過ちを繰り返す。
懲りない動物かもしれない。

G-Black | TB : 0 | CM : 0 | 

 彼女とコンドーム
 2013年04月29日 (月) 02:25:54

愛撫が終わって
僕が躊躇していると
迷う事無く
彼女はコンドームの箱に手を伸ばした。

ちょっとはにかみながら
箱を開けて
なかからひとつパッケをとる。

そして手慣れた感じで封を切り
ゴムに息を「ふぅっ!」と入れて
そして僕の亀頭に手際よく装着した

この一連の彼女の動きが
僕にはショックだった。

ずっと純粋な少女だと思ってたのに
短い時間で
コンドームを扱う手つきで
彼女のこれまでの男経験がわかってしまった

_kcf130428kdkj.jpg

考えてみたら
もう立派な大人なんだからあたりまえなのに
僕はずっと彼女を
昔のまんまの純粋な少女だと決めつけてた

何年たっても
男は子供で
いつのまにか女は大人なんだと
誰かが言っていた。

まさに
そうだと思った。

そして
彼女は僕の横になって
売るんだ綾しい瞳で僕を見た
「ほんとに…いいのか?」
「う…ん」
そして
今宵
僕らは幼なじみから
男と女に関係になる。

Green Tea | TB : 0 | CM : 0 | 

copyright © 2005 Ken's Caf'e. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。