FC2ブログ


Ken's Caf'e

気ままにAdaltyなことを綴りたくて……
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 RE〜わたしの奴隷になりなさい〜
 2013年01月14日 (月) 12:49:43

「わたしの奴隷になりなさい」サタミシュウ著 角川文庫

watadorei-syusatami-011.jpg

先日昼飯を食べようと晴海通りの
つけ麺屋「たれ蔵」へ歩いてた。
店は満杯だった。

並んでまで食事したいタイプではないので
速攻店を後にして
迷ったあげく沖縄料理の店に向かうべく
晴海通りを有楽町ほうへ歩き出した。

途中晴海通りの下を向こう側ぬけるように
商店街と映画館がある。
銀座シネパストだ。

入口の道路沿いの大きな縦長看板には
「わたしの奴隷になりなさい」のポスターが貼ってあった。
壇蜜主演で映画化されたものが上映されている。
見たいけれど仕事中だ。
パンフレットだけでもと思うが中に入らないと買えない。
しかたなく階段を昇って下界に出た。

壇蜜の艶かしいポスターが秋の空になぜか映えてる。
そんな事もあって
再読をしない僕がストック本が無くなったこともあって
「わたしの奴隷になりなさい」を再読した。

〈再び読み終えて〉
改めて読み直しても
意外な展開と結末にあらためて驚きと感動さえ覚える。
リリー・フランキーをして
「これは官能小説ではなく青春小説である」と書評で書いていたが
まさにそうだとおもった。

ストレートで厭らしい表現や危険な放送禁止用語が
あたりまえのように文字として出てくるが
なぜか普通に感じるのは僕の感覚が麻痺してしまったとかと思っていたが
どうやらそうでもないらしい。

男と女の性の営みを詳細に表現してある官能小説に対して
官能小説にはないものが
サタミ氏の書く小説には存在する気がしてならない。

それは性描写が上手だとかではなく
登場する人物の人間性や愛をきちんと書いていることだろう。
それがあるからギリギリ単なる官能小説ならないのだ。
そして
予想を覆す意外性のストーリー展開だ。

文学と官能は紙一重でもある。

登場人物の喜怒哀楽を匠に表現して
淫美な性描写とうまく織り交ぜていく様はまさに見事の一言である。
サタミ氏の書く小説はまさしく青春小説であり
決しておざなりな官能小説ではない。

watadore-danmitsu-022.jpg

しなしながら
危険な麻薬でもある。
一度味わったらやめられなくなる
そんな危険で素敵なヤバい小説である。

サタミ氏の作品の中で
ダントツにすばらしいのはやはり
「わたしの奴隷になりなさい」である。
香奈という名前を聞いたり読んだりしたら
僕はどきん!と反応してしまう。

やはり
内容と物語が強烈だったせいだろう。
ネットで予告を見たが
主人公の「僕」はイメージどうりだが
ご主人様役の板尾創路は原作とは似ても似つかなく
かっこいいがご主人様のキャラ的にはぴったりだ。

肝心の香奈役の壇蜜は僕にとって原作とはイメージが合わない
けれども別な物語と考えれば適正な配役なのかもしれない。
なので
原作が大好きな僕は
やっぱり映画を見ない事にした。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Book's | TB : 0 | CM : 1 | 

 Book's
 2013年01月14日 (月) 12:36:11

Ken's Cafeを離れてたここ2〜3年は
けっこう乱読してました。

3年前くらいに
第二期の乱読時代が
そして昨年秋あたりから第三の乱読時代に入り
今まさにドラッグ中毒のような状態で
本が切れることがありません。

文学も推理&サスペンスもそしてアダルト系も
なんせ読みまくりました。
おかげで作家の方と軽く知り合いになれたり
とにかく読みまくりです。

kcf201301114bcs.jpg

僕の場合は
ジャンルはまったく問わず
本のタイトルとデザインの一見インパクトで即買いします。
帯も前書きも解説もまったく読みません。
余計な情報が間違った先入観を産み
読む楽しみを半減させるからです。

そんなだから失敗もありますが
おおよそ僕のイメージだったりあっさり裏切ってくれたり
良い意味で正解ばかりです。

基本的に読んだ本は表のブログでも感想をかいてるけれど
ここではアダルト系を中心に
「Book's」というカテゴリーで感想を書いて行こうとおもいます。
あくまで情報を知りたい方のためだけにね^^

僕みたいな性格の方は
僕の書評を読まない事をお進めします^^
2013.1.14-Monday

Book's | TB : 0 | CM : 0 | 

 東京は白い雪が降っている
 2013年01月14日 (月) 12:16:03

彼女が仕事に出て行って
しばらくして覚醒した僕は
ベッドから起きだした。

トイレに入ってから
洗面で顔を洗っていたら
窓に水滴がついてる。
ん???
窓を開けてみた。雨だ。
彼女が昨日言ってたとうり雨になった。

リビングにはいり
カーテン越しに空を見た。
空一面がグレーでその中から雨が落ちていた。

連休三日目の月曜日
成人の日で祝日であるけれど
新成人には残念なお天気になってしまったようだ。

しばらくYu-Aを聴きながら
パソコンしていた

kcf20130114sjs.jpg

あれ?
なんだか静寂に感じたので
窓の外を見てみた。

「え?」
白い……斜めに流れ落ちる雨…
いや……
雪だ!

驚いた
雪が降っている。
しかも
下界の芝生も駐車場の車も
アスファルトのすべてを
既に白くしていた。

豪雪地帯の人々にはすまないけれど
ああ…美しい…
もっと降り続いてほしいと
ふる雪に見とれていた。
2013.1.14monday

Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 ……を想って
 2013年01月06日 (日) 12:20:34

日曜日の午後。

……を想って

彼女は……する。

kcf130106kjyb.jpg

Green Tea | TB : 0 | CM : 0 | 

 高尾山へ行ったら
 2013年01月06日 (日) 12:12:19

正月二日高尾山へ行った。
初詣を兼ねてた。

ミシュランに載ったせいもあって
高尾山は凄い人混みだった。

登山スタイルはもとより
普段着姿の家族連れもおおい
そんな中
まるで渋谷か新宿あたりを歩いてそうな
ケバいお嬢さんたちがいる。

kcf130106kkons.jpg

ピンヒールを穿いたり
ニーハイブーだったり
リフト乗り場の急斜面では

真冬なのに短パンの子とか
マイクロミニの中が丸見えでも平気だったりする。

正直…複雑だ。
見えるのはいいけれど
正直節操も欲しい…かなとね。


Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 ご無沙汰です!
 2013年01月06日 (日) 10:51:34

新しい年の第一声が
「ご無沙汰です!」
いま前の記事読んでたら実に二年前の正月だったんですね。
いやはや。

実はこの2年間
いろいろありまして
表のブログを更新するのが精一杯だったし
自分のブログなのに
IDとかPassさえ忘れて
このブログの存在さえ忘れてました。

たぶん常連さんも忘れてると思いますが^^

kenscafe130106kj.jpg

偶然古いCDにデータから
ここのIDとPassが出て来たので
ちょっと考えてみました。

もう五十路の坂も下り始めたし
いまさらエログでもだいだろうと思ったのですが
どうしても表では限界で書けないこともあるし
裏なら書けるかと

それと
久々に朝勃ちしまして
恐ろしいくらいの勃起で
ああ…勃起して射精できるなら
まだまだ書いてもいいのかと


それで新年をいいことに
ほんとに再開してみました。

まあ毎日は無理でしょうが気ままに
精液の果てるまで
勃起しなくなるまで綴っていこうとおもいます。

まあ…これからは
ほとんど妄想とイメージの世界になるかもしれませんが
それでもよければ付き合ってくださいな。

とはいえ……
常連さんもこの存在なんて忘れているとおもうので
新規オープンな気持ちで
2013年の正月に
Kens Cafeオープンさせていただきます。

なにもありませんが
えっちな癒しをお届けできれば
そしていただければ幸いです。
どうぞ末永くのお愛顧を^^

2013.1.6 Kens Cafe オーナーKen

Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 2 | 

copyright © 2005 Ken's Caf'e. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。