FC2ブログ


Ken's Caf'e

気ままにAdaltyなことを綴りたくて……
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 どう?
 2007年06月30日 (土) 21:18:38

う…ん。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 自分で動いて…
 2007年06月29日 (金) 03:24:25

いいね…
うん……
いいよ……
君が自分で感じて動くのが
君とってもいいみたいだね
だって…それは
あそこで感じるもん
ゆっくり激しく
ぼくを…吸い込もうとしてるもん
自分のペースがいいんだね
僕は…君のペースが好きだよ
あ…
うん…すきだよ…




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 2 | 

 下着な夜
 2007年06月29日 (金) 02:49:53

ごく…り…。
もしかして
君に聞かれたかもしれない。
…………。
おもわず鳴った喉が
既に乾いて声が掠れてる。
ああ…なんという誘惑な下着なんだろうか。
堪らないよ。もうだめだよ~。
健全な男だよぼかぁ。
ほら…ぎんぎん…ぎんの
ぴっきん!ぱっきん!だろ?
こんな状態でなんにもせずに…なんて
我慢できるわけがないじゃないか
ええい!
どうにでもなれ~~!
僕は今夜…オオカミになるよ!




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 2 | 

 不満足な終焉
 2007年06月27日 (水) 02:10:48

予想だにしなかった
彼の終焉にただただ戸惑い
状況をいまいち把握できない彼女
親子ほど歳の離れた彼の復活は難しい。
こんな筈じゃ無かった
こんなに早く終わるはずじゃ…
彼女はまだプロローグさえ始まっていないのに
萎えた彼の股間が恨めしいだろうか
しばらく失意の放心はつづく筈だ。




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 6 | 

 いけないKiss
 2007年06月27日 (水) 01:57:37

それはね…なんだか違和感残るくちづけ
春美ちゃんともちがう
せっちゃんとも朋子ちゃんともちがう
なんだか…とっても違和感はあるけれど
なんだか…フィットするかんじもある
一番馴染んでしまう感じ?
それは禁断の「妹とのくちづけ」だった。
微かに産毛が生えてて
それがまた不思議な感じ
まだ…互いの舌を入れて絡めあうという事を知らない頃
雨戸を閉め切った田舎の暗い家の布団の中で
ただただ強く吸っては抱きしめあっていた。
ハダカになるでもなく
まさぐるでもなく
ただ…それだけだけれど
奇妙で不思議な違和感の残る時間だった。




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 4 | 

 Blue days
 2007年06月26日 (火) 02:09:52

いろんな意味で彼女はブルー
心もカラダも
遣る瀬無いくらいブルー
肩を落としてついた
彼女の大きな溜息さえ心に痛い…
ああ…なんてこった
ブルーブルー…ブルー




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 4 | 

 びんびんびん
 2007年06月24日 (日) 09:28:33

彼女はあそんでる
おねがいだから…ちゃんと舐めて…
そんな願いを無視するように
まるで探してたおもちゃをみつけて感激したように
ただただおもしろがって…あそんでる。
そんな無邪気な姿は可愛いけれど…
舌先でぼくを…はじく
びんびんびん…
ねえ…たのむよ~




Special Blend | TB : 0 | CM : 2 | 

 刺激
 2007年06月23日 (土) 21:12:04

確かPaffyの歌で
「愛のしるし」ってありましたね。

♪ヤワなハートがしびれる ここちよい針のシゲキ
理由もないのに輝く それだけが愛のしるし

いつか あなたには
すべて 打ち明けよう

少し強くなるために
壊れたボートで一人 漕いで行く

夢の中でもわかる めくるめく夜の不思議…♪

…………………詩の中で
「ここちよい針のシゲキ」ってあるでしょ?
僕は歌詞を見るまではずっと
「針のシゲキ」を「春のシゲキ」と空耳してたんです。
街に流れてたのも春だったし「春の…」のほうが
どんぴしゃ!に感じてたのに、酷くがっかりした記憶があります。
「春の…」は季節感があって
 願望や夢などの広がりのある素敵な感覚があるけれど
「針の…」は直接的な現実に感じてしまって
 どうもSMっぽく感じるからでしょうか僕は違和感を覚えました。

けっしてSMがどうの…っと言ってるわけではありませんよ。
僕自身SMはいまひとつで快感はいまひとつなのですが
ボンテージとかは好きですからね…(笑)
特にボディラインにぴったりフィットしたかんじが好きです。
単純にかっこいい!って思うんです。あとエナメルとか…
あ…話が横道にそれました(笑)
とにかく小さなショックでした。
けっこう僕はたくさんの空耳がありますねえ。
ははは…なにかの折りまた話してみましょうか…
ふぅ…少し濃いめのアメリカンも…いいですねえ。
ふっとおもいだしたもので気紛れに綴ってみました。




Special Blend | TB : 0 | CM : 2 | 

 じゃあ…
 2007年06月23日 (土) 04:53:49

また…どこかで
こんなふうに会えたら…いいね。
素敵な夜をありがとう。
ほんとに
ありがとう。




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 2 | 

 Hotel-E609
 2007年06月23日 (土) 03:09:56

こんな日もあるだろ?
なぜだか
家に帰りたくなかった日って…
Hotel-E Ginza
am3:07

君もさみしかったんだね
僕もさみしかったんだよ。

君の名前は聞かないでおくよ
僕?僕のなまえは……。
ほら…ね
やっぱり。
ありふれた名前だろ?
でも…本当の名前なんだよ。

土曜日の深夜
朝は…まだこない…。



Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 イキマシタ
 2007年06月22日 (金) 02:17:28

イっちゃった…
うん…僕も…
まだ…抜かないで…
うん…まだ…抜けないよ
このまま…ね
うん…このまま…
だめ…うごかないで
う…ん…あ…もれて…




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 赤い月
 2007年06月19日 (火) 02:11:35

濃紺の静かな星の海に
ただただ蒼いきらら星
消えそうな儚い夢と
途切れがちな紫の心

赤い月に照らせれて
赤く濡れる花一輪
闇に揺れる桃色のカラダは乱れ淫れる
大きな波のあとに
恍惚の細波が幾度も流れて
やがて
白と赤の曳航が花びらから溢れ出て
やがてせつない静寂の中
白い内腿を伝い闇の生地に消えてゆく




Sexy Angle | TB : 0 | CM : 9 | 

 女性と下着は1set
 2007年06月17日 (日) 21:55:08

僕は女性の下着が好きです。
男の下着にはありえないカラフルな色や形
まさに無尽蔵に世に溢れる魅惑の女性の下着。
とはいえ僕が好きなのは
女性が身につけている状態の下着でして
まさに女性と下着が一体となって
下着が女性の一部となって見える…
そういう意味で僕は女性の下着が好きなんです。
下着泥棒という輩がいます。
捕らえてみたら山ほどでてきた…というのが
ありがちな状況ですが
よくわからないんです。
僕は女性+下着1set派なので
干してある下着を盗んだりコインランドリーから
隙をみて捕ったり…う~ん
まあ…世の中にはいろんな趣味嗜好の人がいますから
ブルセラ…ですか?女性がはいた下着を買う人もいますし
なんともいえませんが…どうも僕は
下着泥棒氏の気持は理解しがたいですねえ。




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 10 | 

 禁断が流れる
 2007年06月17日 (日) 10:34:32

ねえ…
うん?……なんだい?
みんなは何処へいったの?
お前が学校から帰る前に、お母さんもお婆ちゃんもお兄ちゃんも
伊豆の叔父さん家だ。朝言わなかったか?だから…いまは私とお前だけだ。
……うん……。
………。
ねえ。
なんだい?
ちょっと…痛い…
あ…ごめん…まだお前が濡れてないのに…ちょっと焦りすぎたかな?
うん…だいじょうぶ…あたし…
どうした?
あたし…
うん…どうした?
お父さん…大好き……愛してる…
う…ん…うん…。
でも……
でも……?
おかあさんも好きだから…つらい…
う…ん 今はこの時間を大切にしよう
う…ん
お父さん…
どうした?
ゴムつけた?
ふふ…つけてるよ
お父さん……あ
なに…?
おなか…すいた
ふふ…お前はほんとに可愛いな…もうすぐお昼…だね。




etc… | TB : 0 | CM : 2 | 

 ポルノしよう!
 2007年06月17日 (日) 10:03:51

君を後ろから抱きしめたまま
ベッドの前の大きな鏡に向う
しかも挿入したまんま…
いやがる君の脚をひろげて
しかも挿入中の君のOの外襞までひろげて
いかにも淫乱な卑猥ごっこしてみる
君の嫌いなポルノビデオを
今…たったいま…実際にしてみる
僕は見逃さないよ
ちらちら鏡を覗きながら昂まってゆくのを
ぼくは目と君に埋没してるPで感じてるんだ。




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 4 | 

 AM11:50
 2007年06月16日 (土) 11:38:41

ねえ…
なあに?
僕の息子が…おなか空いたってさ
あら!偶然ね…あたしの姫もおなか空いたって
じゃあ子供達を先にご飯たべさせようか
ええ!あらら…我慢出来ないみたいに暴れてるわ
おいおい…そういう君の姫もよだれを流してるよ
いやん!…はやくちょ~だい!
おいおい!君じゃないだろ?
あ!そうだった…姫も我慢出来ないのよ!
じゃあ!いっしょにイクよ?
ええ!
いただきま~っす!
いただきま~っす!
う!…うん!…いい…しまる…
あん!…あん…あ…いい…ねえ…いい…
まもなくお昼になろうとしている
お昼前の激しく軋むわがままベッドルーム。
どうやら当分終わりそうにないかな……




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 2 | 

 祭りのあと
 2007年06月16日 (土) 07:24:35

祭りのあとの淋しさが
いやでもやってくるのなら  
祭りのあとの淋しさは 
たとえば女でまぎらわし

もう帰ろうもう帰ってしまおう
寝静まった街を抜けて

人を恨むも恥かしく 
人をほめるも恥ずかしく
なんのために憎むのか
なんのために恨むのか

もう眠ろう もう眠ってしまおう
臥待月の出るまでは

日々を慰安が吹き荒れて
帰ってゆける場所がない
日々を慰安が吹き荒れて
死んでしまうに早すぎる

もう笑おうもう笑ってしまおう
昨日の夢は冗談だったんだと

祭りのあとの淋しさは
死んだ女にくれてやろう
祭りのあとの淋しさは
死んだ男にくれてやろう    

もう恨むまいもう恨むのはよそう
今宵の酒に酔いしれて

もう恨むまいもう恨むのはよそう
今宵の酒に酔いしれて
  
Word/osami okamoto
Music/takuro yoshida
………………………………………
祭りのあとは…どこかさみしいものです。
嵐の去った静けさのような…
無性に人恋しくなるのは僕だけでしょうか
できることなら…ただただ静かに
君の乳房で眠りたい…と。



BGM | TB : 0 | CM : 0 | 

 ねえ…
 2007年06月16日 (土) 07:11:27

うん……




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 2 | 

 風が吹いたから.3「夏でも秋でもない季節」
 2007年06月15日 (金) 01:58:34

目が覚めた。
眠い……。
まだ夕べの酒が残ってるようだ。

美優は、左手で夏布団の上掛けをめくりながら上半身を起して
両手を上げネコのように大きく背伸びした。
「ふああ~あ。」とついでに欠伸もした。
相変わらずハダカだった。
ベッドの下に淡いソーダカラーの下着が散乱してる。
「耕ちゃん」
上半身を向けて言った。
「………。」
反応のない僕を覗き込みながら、再び言った。
「耕ちゃんてば」
「ん!…なに?」
「おはよう!」そう言い乍ら軽く僕にKissした。
「ああ…おはよう……」
「眠そうだね。けっこう飲んだもんね。」
「ああ。ちょっと気持ち悪い…」
「ふふ。ねえ。あたしちょっとお買い物してくるね。」
そう言いながらベットから出て立ち上がり髪を手で軽くとかした。
「え?…ああ。おい美優」
「なあに?」
Sexyなヌードグラビアが振り返った。もちろんボカシ無しである。
「あ…煙草買ってきてくれ。」
「うん。わかった。」
グラビアが溢れんばかりの笑顔で頷いた。
「おい美優……いいかげん下着…」
「え?…ああ。朝から過激かなあ?」
「じゃあ。これでどうよ」
と言って、非常にあぶないポーズをとった。
「わかった。わかった。バイクで行くんだろ気をつけろよ。」
「は~い。」
そう言ってリズミカルにクローゼットにむかい、鼻歌を歌いながら、
引き出しから新しいPantyとBuraを選んで、それをつけた。
それから別の引き出しをあけてブルーのTシャツをとりだし
鏡の前で合わせ、それを着た。そしてちょっと躊躇しながらも
Lowriseのブルージーンズを穿いた。
しかも、それはウルトラとよばれる代物だった。
くるりと向きを変え戻ってくると、床に落ちてた下着類を拾った。

「美優」
「なあに?」
「そのGパンでいくのか?」
「そうよ。なんで?」
「なんでって。それSexyJeansってやつだろ」
「そうだよ。」
「それでバイク乗ったら尻丸見えだろ?」
「大丈夫だよ。ぎりぎり。でもこれLowriseだもん。」
Lowriseだかなんだか知らないけれど、あまりにも過激すぎるジーンズだ。
しかも腰より下じゃん。
へそ丸見えだし、前も下すぎて見えそうな……。
「だって。洗濯しちゃったから予備これしかないんだよ。」
心配する僕の気持ちをよそに明るく言った。
「そうか。」
「ねえ。そういえばさあ。国道沿いにUNICLOあったよね。」
「ああ。あるなあ。」
「あとで一緒にいこ。ジーンズ買ってよ~それとシャツも」
「わかった。じゃあ。早く行っといで」
「うん。じゃあね。」
そう言うと、今度はしっかりと唇を重ねKissした。
「じゃ。耕ちゃん行ってきや~す!」と手を振りながら出て行った。
ちょっと危なすぎるまあるいお尻を揺らしながら。

メットを片手にエレベーターを下りて外にでたら
やさしい風が吹いていて、それが少し冷たくて気持ち良かった。

駐車場の奥からバイクをゆっくり押してきた。
前に乗ってたCBは廃車にしので、今はホンキィトンクのマスターが乗ってた
茶色のGLに乗ってる。
ゴキブリみたい。と美優は笑ったが大型な車体が気に入ってた。
もう貰ったも同然だ。
サイドスタンドを出して、長い髪を後ろに纏めた。
そしてGジャンを着てメットをかぶった。
バイクに跨がると左足でサイドスタンドを閉じて、
スピードとタコメーターの間にあるイングニッションにキーを差し込んだ。
キックがないのが不満だったが、スイッチをONにしてスターターボタンを押すと、
軽快にエンジンがかかった。
ギヤを入れゆっくりスタートした。

マンションの出口で一時停止して左右を確認し
出したウィンカーと同じ左にゆっくり曲がっていった。
坂をのぼりながらクラッチを握って軽く2~3回アクセルを回した。
OHV縦置エンジンのシリンダヘッドが美優の膝にあたって、
そこからカタカタとカムシャフトの音が心地よく伝わってきた。
大柄な車体とはうらはら軽やかな回転のエンジン音がする。

坂の頂上の信号で止まると左足をついて、また2~3回アクセルを回した。
左側にあるドライブシャフトのせいで
アクセルを開けるたびに車体が右側に持ち上がった。
「ふふ」なんだか可笑しかった。

隣に250のオフロード少年が停まった。
何度も美優を見ていた。
美優はジッと少年を見つめた。少年は目をそらした。
青になったと同時に一気にアクセルをあけた。
少年のバイクはバックミラーの中に小さくなった。
風が随分冷たく感じる。
もう夏ではないけれど、秋でもないんだわ。
…美優はそう思った。

Gジャンの襟元から風が胸にはいっていってくすぐったい。
後ろから見たらTシャツが短いせいもあって確かにお尻が半分見えそうだ。
それでも美優は全然へっちゃらで、新しいバイクの感触を楽しんでいた。
「気持ちいい~!」
赤いメットの中で叫んだ!




Novels | TB : 0 | CM : 0 | 

 Masturbation on Thursday
 2007年06月14日 (木) 05:45:06

ハダカの彼女が僕に跨がっていて
ちょうど彼女の5本の指がやさしく僕を握ってる
あれ?前にも会った気がするけど君は誰だっけ?
デジャブ?
それでも彼女はひたすら行為を続けて
ゆっくりやがて激しく上下に動かしている
あ…だめだ…でる…でるよ…
あ…でちゃうってば~~!

はっ!と目が覚めた。
夢だ………………。

下半身が痛い…ジャージを下ろすと
ぴちぴちに硬直勃起した僕のPが
びくん!びくん!動いている。
どうやら当分おさまりそうにない状態だ。
ジャージを膝まで下げ股間を露出させ
自分のPを握り
夢の彼女を思い出しながらゆっくり動かした
朝は敏感だ。
わずか10分ほどで
白い粘液は放物線を描いて
フローリングに飛び散った。
ああ……気持いい…快感が通りすぎていった。

しばらく呼吸が静まるまでそのままでいた。
手にもたくさんついた。
久し振りの大量で流石に驚いている。
Pを綺麗に拭いてジャージをあげた。
そこらじゅうをティッシュで拭いてゴミ箱に捨てた。

洗面に向う途中寝室のドアが開いていて
部屋を覗いたら妻がちょうど寝返りをうったところだった。
短パンから細い脚が伸びている。
ベッドに枕が二つ…
そこにふたりで眠ることもいつの間にかなくなった。
随分触れていない白い腿に朝の光が射し込んで
とてもまぶしく見えた。
ふう………。
洗面台に立って蛇口をひねり冷たい水で顔を洗った。
曇り空。まあいいか…こんな日も。




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 2 | 

 褥姫
 2007年06月14日 (木) 00:09:58

こんばんわ
今宵は…よろしく
おてやわらかに…ね




Green Tea | TB : 0 | CM : 5 | 

 さわってみる?
 2007年06月12日 (火) 06:01:23

向いの席の若い娘が言う……。
そりゃあ触ってみたいに決ってる。
だって昼間の各駅停車は誰もいない…
ふぅ……
その瞬間ぼくたちはベッドにいた
まっしろい部屋の真っ白いベッドで
抱き合っていた。

そのまだ蒼い果実のような
それでいて食べごろのような
魅惑のたわわな白いふくらみを…
できることなら揉んでみたり
つまんでみたり噛んでみたり
でもって…しゃぶってみたり

そっとくちづけしながらも
ゆっくり背中のホックをはずして
取り去った薄いピンクのブラは床におとして
きれいな乳房を吸ったまま
ブラウスのボタンまで…
スカートからショーツに手を入れて…

すべての衣服を取り去って
生まれたままの姿になっている君の
両足を大きく開かせて思ったよりも黒ずんだ
そのしげみに入ってゆくんだ
すでにベッドは乱れ
泣き声ともとれる声がこだまする
ああ…しちゃった…か
ついに未成年まで……

ふっ!我に返った。
電車は僕が降りる駅の名前を告げていた。
うたた寝から目覚めたら向いのセーラー服は消えていた。
はぁ…白昼夢?あぶないあぶない…。




G-Black | TB : 0 | CM : 2 | 

 バックでいって
 2007年06月11日 (月) 23:18:49

……と彼女は言った。




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 5 | 

 狂おしく
 2007年06月11日 (月) 03:27:44

たぶん…
昔のアパートだったら苦情もんだろう
それほど君の声は
大きく狂おしく泣叫び
まるで獣の雄叫びのようだからだ
ま…そこがまた 溜まらないのだけれど
僕の雄叫びは君の声にかき消され
蚊の鳴くように短かめに終わる
あ…あ…あ…
でも…君はまだまだ終わらない
つなぎ目から合体液が濡れ流れても
ぬちゃぬちゃ卑猥な音をたてながら腰を振ってるんだ




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 そこが…いい
 2007年06月11日 (月) 03:25:49

…と彼女はいい
なかなか僕を解放してくれない。
すでに僕の口のまわりは
僕の唾液と君の愛液でべちゃべちゃだ
ヘア-もしんなりなって
時折僕の舌に絡みついてくる
君の丘から抜けたヘア-は既に淫毛と
名称が変わっているだろう。
ねえ…そろそろ僕の息子と変わってもいいかな?




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 あぶないあぶない
 2007年06月10日 (日) 18:55:01

あんまり気持よくって
おもわず中出ししそうだったよ。
でも…やっぱり…生って…いいね
コンドーム装着は避妊や性病感染防止とか
相手を思えば大切なんだけど
なんだか繊細な感触まで麻痺してしまうような気がする
ペニス全体がすっぽりラバースーツでぴっちりだもん
でも…コンドームマニアっていう人もいるかもしれない。
でも僕はなんだかんだ言っても生はやっぱりいい!
すごく君を感じるもん。
まるでペニス全体が敏感なセンサーになったみたいなんだ。
同じ挿入でも生身のペニスを君の中に挿入することによって
いきいきしてるんだ!
たっぷり濡れて君につつまれてる感じが溜まらないんだ。
そして君とより強く繋がった気もするし
あ!…ごめん。今拭くからね




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 2 | 

 ちょっとだけ
 2007年06月10日 (日) 18:50:36

ほんとうだよ
ちょっとだけ
ね…ちょっとだけ見せて
う…ん うんうんいいねえ
ちょっとだけ
ねえ
ちょっとだけ触ってもいいかなあ
そっと触るだけ…ね…ね?
ああ…柔らかい…柔らかいねえ…
しかもあったかい…
ああ…おっぱいなんだねえ~
ちょっとだけ
ねえ…ちょっとだけ
舐めて…いい?




Special Blend | TB : 0 | CM : 0 | 

 行こう!
 2007年06月10日 (日) 09:24:36

おはよう!
目が覚めたんだね。
今朝はなんだか生憎の天気だね。
でも、今日こそはドライブにいこうね!
どこ?そんなのぜ~んぜん決めてないけど
あ…そうそう
まず定期を買わなくっちゃいけないから
うん。13日で両方切れちゃうんだよ。
駅までいってバスと電車の定期を買って
それから…ほら…行こう行こうと言いながら
まだ1回も行ってない南町田のショッピングモールへ行ってみようよ。

で…お昼はそのモールのレストランかもしくは君の好きな
リンガーハットの長崎ちゃんぽんしかもセットでね。
ああ!そうだ石窯ピザのあのレストランも行ってみたいね。

最後に近くのユニクロでジーンズをまとめ買いしたいんだけど…
ほら…最近痩せてきたしストックが随分色褪せてきちゃったからね
こんな時じゃないと出不精だからさぁ
そんな感じでいいかな?
ん?どした?
だめだめ…だめだよ~朝からは…ねえダメだってば~
ね!ゆうべたくさんしたでしょ?
帰ってからゆっくりしよ~うよ。
ホント…うん!約束だ!うん。
これでいいね?Kiss?
ハイ…ちゅ…Cyu!
はい!じゃあ早く着替えておいで!
でもさあ問題があるんだ…
3週間車乗ってないよね…君も…エンジンかかるかなぁ…




Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 5 | 

 Ken's Ber Open!
 2007年06月09日 (土) 12:57:07

今宵6/9sat
pm11:00から
Ken's Ber Open!します。
紫陽花…6月の記憶
もしくはJune brideとか
そんな事を話しませんか?
お待ちしています。
オーナーKen



Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 6 | 

 波…ing
 2007年06月09日 (土) 12:11:07

既に頭はTripしてる
さざなみが消えて
やがて生暖かいBedは揺れ始め
淫らな水面は畝り
ぱっくりと割れて
其処から滑り溶けだして流れはじめてる

激しい交わりの末に
まもなくやってくる快感のWaveで
カラダ全体が包まれるにちがいないけれど
ただそこまでに至る まさに今が
快感の現在進行形。
Love…ing
そんな時間が
彼女はいちばん好きかもしれない。




Sexy Angle | TB : 0 | CM : 0 | 

copyright © 2005 Ken's Caf'e. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。