FC2ブログ


Ken's Caf'e

気ままにAdaltyなことを綴りたくて……
 まるで孫のような
 2019年05月07日 (火) 05:19:05

おはよう!^^って
爽やかな笑顔とキッスで起された

え?……

夕べ知り合って
ホテルで過ごした子は……

夕べの妖艶な女とは裏腹に
幼い少女だった

君は…いくつだっけ?

15って言ったじゃん!^^

え?え?15……中学…

メイクを落して朝になったら

娘…いや…孫程の少女だった

女の魔力というか魅力に驚きながらも

なんともいえない罪悪感に……

kcf190507magomusume.jpg

けれども

朝のおめざめフェラしてあげる…って

股間のペニスにしゃぶり付いて来たら

罪悪感が消えて快感に包まれた
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 酔いが覚めてきて
 2019年05月07日 (火) 05:17:04

気がついたら
いや…気がついたら…というか
激しいファックで
汗だくになってたら
急速に酔いが覚めてきた

しかも
目の前で喘いでるのは
好きではない会社の子だった
どうしてこんなことになったのか?

酔い覚めと
快感と共に後悔が沸いてくるけれど
今更
この快楽の行為を止められない
男は目の前の絶頂に達するまで
行為を止められないんだ

kcf190507yoizame.jpg

そして
イケナイ…って思いながらも
生のママ
彼女の中に放出してしまう

終わって
酔いも完全に覚めて来て

やがて……
腕枕の彼女が綯えたペニスを弄りながら
甘えた越えで耳元で囁いた
「今度…両親に逢ってね…って」
その瞬間に
奈落の底へ落ちてくような……

Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 4 years blank
 2019年04月28日 (日) 03:55:49

2015年の8月の更新から
開店休業だったKen's Cafe。
久しぶりな気もするけれど
表で普通のブログやってたので
ブロガーとしてはそんなにブランクを感じなかったんだよね。

けれども
リンクするブロガーさんたちのところへ
久々にお邪魔してみたら……
あああ…やっぱり4年は昔なんだなって感じたのだ。

それはね
33ものリンクのあるうち
無くなってたり
存在はしてるけれど随分前から更新してなかったり
つまり…開店休業状態…あ…人の事はいえないか^^
後はパスを入れないと見れなかったり
4年前から今も更新してるのって2つくらいだったかな?
整理して無いのは消したんだけど
更新が止ってるのは残しておいたんだ。

それで4年間のブランクを感じたなぁ。

kcf190428blunk.jpg

まぁ…4年間も休んでたので
ほぼ新人みたいなもんだけど
これからもリアルに更新してる
アダルトなブロガーさんと
リンクできたらいいなと思ったのだ。

あ…そっか!
自分も更新しなくちゃいけないんだな。^^
まぁ…頻繁は無理だけど
気ままに更新していきますぞい!
開店休業状態にならないようにね^^

Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 月光
 2019年04月28日 (日) 01:38:24

目が覚めた
闇のセカイだった
いや…正確には蒼く深い闇だった

温もりは肌に馴れた
いつもの寝室のベッドだった

妖しい夢を見ていて
覚醒しても其の残骸が残っていたせいか
痩せたカラダに夢の蒼い婬骸が憑依して
ほどよくキケンだった

蒼白い女の裸体が股がり
射抜くような目で見つめられて僕は動けない
掴まれた分身は意志とは裏腹に勝手に凝固して
闇の割れ目に吸い込まれてゆく

あ…
漏れたのは
自分と婬骸の短い喘ぎ
アソコが…柔らかなアソコに包まれて
呑み込まれていった

耳鳴りがして心臓の鼓動が
ウルサい程に鼓膜を刺激してきた
カラダが…キケン

女のカラダが激しく揺れて
動く…動く…動く…動く…動く…動く…
ヤバイ…ヤバイ…ヤバイ…ヤバイ…ヤバイ…

絶え間ない心地よい波が繰り返し
暗闇の中で我が儘な時間が走りぬける
ただただ
婬美な忙しないセカイに落ちていた

静寂なセカイに微かな音と
溜め息が溢れてゆく
カラダが火照りさらに饒舌になってゆく

ふたたび目を開けると闇が薄れかけて
部屋の中が見えて来る
不思議な果てない波の狭間で
現実的なセカイが見えてきたとき

イケナイ…イケナイ…イケナイ…
理性が欲望を制御してきた

イケナイ…イケナイ…イケナイ…
そして…動きが止まると
ベッドは…完全に静寂に包まれた

kcf190427gekko.jpg

憑依した婬霊はカラダから抜け出して
蒼白い裸体で見下ろしていた
蒼い亡骸が哀しそうな哀れむような視線で見下ろし
そして窓へグラデーションのように
漆黒へと消えていったんだ

カラダは…しばらく無防備に放心していた
激しかった心臓の音も穏やかになって
火照りもおさまってきてた
闇の中で…天井を見つめていた

ふぅ…

乱れた夜具を正した

ベッドからおりて
部屋を出ようとしたら
今まさに褥の寝ていたあたりが
妖しくも神々しくひかり輝いていた

え?………なに?
ベッドに戻り光に顔を近づけて
そして…振り返った

あ……

月だった

レースのカーテン越しに見えたのは
星も見えない漆黒のセカイに
妖しくも神々しく輝いていた
満月だった

それはそれは久しぶりに見る
綺麗な綺麗な満月でもあった気がする
そうか…月の…戯れか
2019.5.21-Sunday

Doubtful Dream | TB : 0 | CM : 0 | 

 後悔
 2019年04月27日 (土) 07:59:52

その瞬間
彼女の顔がハテナ顔になり
笑顔がフリーズしたまま
小首を傾げて…え?って言った。

僕は…もう一度
笑みを湛えながら
もう一度彼女に同じ言葉を言ったんだ。

やがて…言葉の意味を理解したらしく
その美しい顔からは笑顔が消えて
そのまま俯いてしまった。

たった今まで
あんなに楽しそうに笑って
僕の話にうなづいてくれてたのに

俯いたま
膝の上で絡めた左右の指に
力を込めたまま黙っている。

軽く体を震わせているような…
泣いているのか?
あああ…なんてこった。

言うんじゃなかった
窓から見える洋風の建物を指差しながら
「休んで行こうか?」……なんて

長い沈黙のあと
僕が……
「ごめん…」って言いかけたのと
「あたし…」って言いかけたのが同時だった。

kcf190427koukai.jpg
 more...

Special Blend | TB : 0 | CM : 0 | 

 ご無沙汰です
 2019年04月25日 (木) 06:36:10

前の更新が2015年の8月。
いやはや
実に約4年ぶりってことですね。
平成が終わろうという時に復活するなんて^^

僕も自分のブログの存在を忘れてたので
きてくれてたお客さまがたも
もうKen’s Caf’eなんで忘れてるでしょうね。

ま…ほとんど
普通のブログに専念してたし
性欲も年齢とともに失せたのか
エログを更新する気分でもなかったので
日々の普通の暮らしを綴るだけでせいいっぱいだったので
ここの存在も忘れていた…ということです。

ところが諸事情によって
泣く泣くそんな普通のブログを
閉鎖しなければいけないことになり
ストレスというかそういったはけ口がなくなって困りました
そんな時久々に朝から息子が痛いくらいに元気になってしまったりで
そしたら
だんだん性欲的なことが再び書きたくなってきたのです。

kcf190425coffee.jpg

まさに勝手で申し訳ないのですが
昔から知ってる方は見なかったことにして
初めて見るような感じでスルーしていただいてけっこうです。

ということで
毎日とは行きませんがKen’s Caf’e復活です。
魅力的なエロサイトでもありませんが
淡々と…ふたたび
気ままにAdaltyなことを綴っていきますのでよろしくです。

2019.4.25 店主K

Ken's Caf'e | TB : 0 | CM : 0 | 

 無人島で彼女と暮らしたい
 2015年08月17日 (月) 04:30:43

誰も知らない
南の無人島で
彼女と暮らしたい

生まれたままの裸になって
彼女と暮らしたい

海に潜って魚を捕り
畑をつくって作物をつくる

ヤリたいときにヤリまくって
飽きたら遊んだりする

でも…
そのうち裸にも飽きて
セックスさえしなくなるかもしれない

kcf150817mjtkj2.jpg


それでも
もういいや!ってくらい
ヤリたいときにヤリまくって
妊娠するまでヤリまくるかもしれない

やがて
ふたりから三人に増えて……
それでも
ヤリたいときにヤリまくって
飽きたら3人で遊んだりする

やがて三人から……

Special Blend | TB : 0 | CM : 0 | 

 彼女の下着
 2015年08月17日 (月) 04:19:00

よくテレビとかで
下着泥棒とかのニュースや記事が出てると
だいたい部屋から大量の下着がでてくるのが普通だ。

けれども
僕にはその心理がいまいちわからない。
たしかに
女性の下着は魅惑的だし
男の下着にはない魅力がある。

たとえばブラジャー
男にはありえない下着だし
なんとも魅惑的だ

パンティは特別心を奪われる
けれども
それはあくまで女性がはいているからで
女性のカラダから離れた下着は
単なる下着でしかない。

kcf150817kjst.jpg

とくにパンティは
綺麗なお尻のラインを包んでいたのに
脱いでベッドに置かれた瞬間に
萎んだ布の固まりになってしまう。

それを盗んでどうなんだろう?
匂いをかいでオナニーするのか?
自分ではいてみるのか?
それこそ変態だろう。

とはいえそれも趣味嗜好が様々だから
なんとも言いがたいけれど
女性のカラダから離れた下着に魅力を感じない。

やはりブラにしろパンティにしろ
彼女を包んでるから魅力的なのだ。

Sexy Angle | TB : 0 | CM : 0 | 

copyright © 2005 Ken's Caf'e. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi